ハロー薬局グループについて 店舗紹介
研修制度
スタッフからのメッセージ
採用情報 お問い合わせ
薬学実習


近隣の医療機関と連携し戸田市近郊の居宅療養管理指導、訪問服薬管理指導を行っています。
また薬局に併設している居宅介護支援事業所で地域の患者様の介護保険のケアプランを作成し、訪問介護事業所も併設しているため、訪問介護と通院介護のサービス提供も行っています。地域密着型の薬局として医療と福祉の橋渡しの仕事をしています。
H12年介護保険制度制定時に弊社社長は自ら社員に呼びかけ、介護支援専門員の資格取得の為に勉強し、会社で資格取得をサポートするという体制を作り、第1回介護支援専門員認定試験に臨み社長を含め5人の薬剤師が合格しました。
薬剤師として積極的に地域医療に取り組む社長(現会長)の姿勢は『資格の真実』 イカロス出版 2003年にも掲載されました。
今でこそ在宅に取り組む薬局は珍しくありませんが、地域医療に貢献するという理念で薬局づくりに専念してきた社長の意志を引き継いで戸田店は在宅医療に前向きに取り組み続けています。

地域住民の方への講演【健康アラカルト】
平成28年11月12日(土) お薬を安心して服用していただくために
平成27年11月14日(土) 薬の飲み残し、ありませんか?
平成26年11月15日(土) お薬手帳を活用していますか?
平成25年11月16日(土) 介護保険の今後の動向
平成24年11月10日(土) 実際にかかる介護費用(自宅にいる場合、施設にはいった場合)
南浦和店は近隣の医療機関と連携し在宅業務に取り組んでいます。
在宅を行っている医師が近隣にいらっしゃらない状況でも、地域医療に貢献するという会社の理念に基づき業務を行ってまいりました。新生児から看取りまで全ての患者さまに関われる薬局を目指しています。
現在は特定の医療機関からではなく面で在宅の処方箋をうけて訪問服薬管理指導を行っています。以前は社員の自家用車や自転車で配達していましたが、H24年には介護用に自動車を購入し、薬の配達範囲も広がりました。
これからますます在宅業務に力を入れていこうと考えています。
日本は超高齢社会(65歳以上の高齢者の占める割合が全人口の21%を超えた社会)となり、今後も急速に高齢化が進んでいきます。
高齢者が幸せで、健康を維持しやすいのは「いくつになっても、住み慣れた地域で安心して自分らしく生きる」ことです。介護が必要になっても高齢者が地域で安心して暮らせるように、「地域医療に貢献する」という会社の理念に基づき在宅医療に力をいれています。
特定の医療機関からではなく面で在宅の処方箋をうけて、個人宅やグループホームへ在宅患者訪問薬剤指導を行っています。
古河店は地域薬剤師会(古河薬剤師会)において、「在宅訪問薬局連絡窓口」として地域医療に貢献しています。
コスモ調剤薬局は外来調剤以外にも、2つの特別養護老人ホームからの処方箋を応需しています。
その内1つの施設においては、担当医の回診に毎週参加し、投与方法の決定にも係る業務を行っています。回診や、配薬に係ることで、一人一人の患者様の病状を知ることができ、日常の生活動作も理解した上で、服薬状況の確認を行っています。
個人宅への訪問服薬指導としては、在宅専門の医療機関から処方箋を応需しております。
在宅業務を通じて、地域の皆さまのかかりつけ薬局として貢献していければと考えております。