ハロー薬局グループについて 店舗紹介 研修制度 スタッフからのメッセージ 採用情報 お問い合わせ
医薬品安全管理と医薬品安全使用のための研修
2017年11月5日

研修進行次第
1. 鈴木社長 挨拶
2. 安全管理担当からの連絡事項  安全管理部 堀内
(1)調剤過誤報告書の分析と対策 (H29.5〜H29.9)
(2)薬局ヒヤリハット事例収集・分析事業への参加のお願い
3. 情報交換・ディスカッション
・かかりつけ薬剤師への取組状況と今後の課題  芹澤
・在宅への取組と課題   初澤
各店の取組報告 東浦和 スマイル 学芸大
・薬歴を考える  東浦和 木村
4. 総務連絡事項
医療費の口座引き落としについて  総務 田中
5. 早水CO 閉会挨拶





調剤過誤報告書の分析と対策では、調剤過誤のみならず個人情報を漏洩させないようにお薬手帳やシールなどの渡し間違いを防止することを徹底するように確認しました。
また、ニューキノロン・テトラサイクリン系抗生剤と金属イオンの同時摂取の説明などを忘れてしまった場合に備え、そういった最低限患者さんにお伝えしなければならない情報は薬袋・薬情に必ず記載されているかチェックするようにしました。
また、日本医療機能評価機構の薬局ヒヤリハット事例収集・分析事業への参加を決定しました。

かかりつけ薬剤師に関しましては、患者様から同意書へのサインを断られた際、どのような理由で患者さまがお断りになられたのかを事前に全店にアンケートを取り、集計をディスカッションして患者さまにかかりつけ薬剤師をよりご理解して頂くにはどうすれば良いのかを考察しました。
また、具体的な取り組みとして待合室にかかりつけ薬剤師の呼びかけの掲示物を貼ってみることにしました。すでに掲示している店舗はその情報を各店に送り、それぞれの店舗に合った内容に変えながら患者様に分かりやすいような掲示物にするように取り組むことにしました。
在宅に関しましては、店舗スタッフの地道な努力によりこの半年間で3店が新たに算定を達成しました。
どのような方法で在宅の患者さまを受け持つことができたのかを発表しました。
必要性が感じられる患者さまに地道にお声がけを行い、一端は断られても後に必要となられたときに声をかけてくださったケースもありました。
やはり常日頃からアンテナを張り、患者さまとしっかりと密着してコミュニケーションを取っていくことがとても大切なことなのだと実感しております。
薬歴に関しましては、記載する事項の再確認という基礎的な部分から、加算を算定したときに、それぞれどういう事を患者さまからヒアリングし、それを記録として残さなければならないか、乳幼児服薬管理指導加算、特定薬剤管理指導加算等について周知徹底を行いました。
また店舗によって薬歴記入ルールの違いが見られるので、副作用・禁忌・合併症禁忌・妊娠授乳等の見逃しにより健康被害が発生するような最重要事項は赤色で色を付けることを全店舗共通ルールとしました。
薬といういわば物を扱うことから、かかりつけ薬剤師、在宅などを通じてこれからは人と心をこめて関わっていくのが薬剤師に課せられている使命であると思います。



会議のあとは懇親会を行いました。和気あいあいと皆で親睦を深める良い機会となりました。


文責 石井 啓之